頬のへこみ・頬のくぼみ・頬のこけへの3つの対処法 | 綺麗.club

頬のへこみ・頬のくぼみ・頬のこけへの3つの対処法

急に頬がへこんできた、頬のくぼみが気になってきた、頬のこけを改善したいとお悩みの方へ。それは決して珍しいことではありません。各々原因があることもあり、様々な対処法も存在します。頬のへこみ・頬のくぼみ・頬のこけの原因と対処法を分かりやすくまとめてみました。原因をはっきりさせて、適切な対処を行っていきましょう。



頬のへこみ・頬のくぼみ・頬のこけの原因

急に頬のこけを感じるようになった人も、もしかしたら何かしらの原因があるのかもしれません。考えられる要素を取り揃えてみました。思い当たることがあれば該当する部分から改善していきましょう。

<遺伝性によるもの>
遺伝によって自然と頬がへこんでしまう人がいます。両親がふっくらとした顔つきであったとしても、祖父母などさらにその上の祖先に頬がこけた人や頬がへこんだ人がいればその人の遺伝である可能性も否めません。遺伝子には逆らえないものですが、体質を受け入れることで様々な工夫をすることも可能です。遺伝とはいえ姉妹の間にも個人差はあります。大きく悲観せず、頬に贅肉がつきにくい体質なのだと前向きに捉えていきましょう。また、表情を豊かにすることで頬のこけを軽減することも出来るようです。先天的なものであっても、適したトレーニングを行うことで頬のへこみはカバーできます。

<ストレスなどによる体調不良>
過度のストレスや緊張によって頬がへこんでいくことがあります。体調が優れない時は喋る機会や笑う機会が減るので表情筋が衰えて自然と頬がくぼんでいくこともあります。ストレスや体調不良で胃腸の調子が悪くなると食べ物の吸収が上手く出来なくなり、結果的に頬の贅肉が落ちて頬がへこんでくることもあります。忙しさ故に食べるスピードが速くなり噛む回数が減ってしまうと顎の力も弱くなり、胃腸にも負荷をかけるなど悪循環になりがちです。どのような場合でもしっかりと噛んで食べるよう心がけましょう。また、ストレスを軽減させ、体調がよくなれば頬の膨らみや色艶を取り戻すことも出来るでしょう。頬のマッサージを行うのもおすすめです。

<歯の治療に伴うもの>
歯の矯正や虫歯治療等に伴う抜歯や顎の修正によって頬がへこむことがあります。逆に、かみ合わせが悪くて頬がへこんでしまうこともあります。気になった場合は歯科医に相談してみましょう。尚、片側の歯で噛んで食べるなどバランスが悪くなりそうな食べ方には注意した方が良いでしょう。歯の治療後に頬が凹んでしまったとしても、次第に回復してくることもあります。歯科医と相談しながら適切な対処を行っていきましょう。

<加齢によるもの>
年齢を重ねるにつれ、食が細くなって頬が痩せてくる人もいれば、頬の筋肉が衰えることで次第に頬がこけてくる人もいます。加齢によって一気に頬の状態が変わることも珍しくはありません。老いを止めることは難しいですが、頬のへこみ自体を予防することは不可能ではありません。



頬のへこみ・頬のくぼみ・頬のこけによる影響

痩せているように見せたい人にとってはメリットかもしれませんが、「不健康に見える」「表情が乏しい」「貧相に見える」など頬のへこみ・頬のくぼみ・頬のこけによる悩みがあるのも事実です。頬が痩せたことによって顔の輪郭やエラが目立ち、コンプレックスが出来てしまう人もいます。頬が凹んでいると、本人はそのつもりがなくても無表情でクールな人と受け取られることもあります。モデルをやっている人などであれば美しく綺麗に見せることも出来ますが、日常生活の中では支障となることもあるのです。

頬のへこみ・頬のくぼみ・頬のこけへの対処法

先天的なものであっても日頃の習慣によってのへこみ・頬のくぼみ・頬のこけを予防し、改善することが出来ます。自宅など場所を問わず簡単に行えるものもあるので積極的に取り入れてみましょう。尚、歯科治療中の方は必ず歯科医に相談してから行いましょう。

<頬の筋肉を鍛える方法>
口を大きく開けて30秒ほど保ちます。これを2セット行いましょう。
次に、ゆっくりと上を向いて顎をしゃくらせ10秒保ちます。そのあとは歯を出して笑うように口角を引き上げ5秒保ちます。顔を下げる時はゆっくりと下ろしましょう。これを2~3回繰り返します。
両者とも手を使ってはいけません。口を中心に動かすことがポイントです。

<あいうえおトレーニング方法>
口角を上げることを意識して「あいうえお」とゆっくり発音することも大切です。「あ」と発音する時は正面を向いたまま眉毛を一緒に引き上げます。「い」と発音する時は正面を向いたまま目を下に向けます。「う」と発音する時は再び眉毛を引き上げます。「え」と発音する時は正面を向いたまま目を下に向けます。「お」と発音する時は正面を向いたまま眉毛を一緒に引き上げます。これらを3回繰り返すだけでOKです。

<メイクでカバーする方法>
ファンデーションを頬のへこみ部分に多めに塗り、マットな質感メイクにすることでふんわりとした雰囲気を出すことが出来ます。このとき、厚みを出すためにもリキッドファンデーションを使用することをおすすめします。頬以外の部分はファンデーションを薄めにしましょう。ちなみに、ツヤを出してしまうと硬さを強調してしまうので避けた方が良いです。チークも同じくマットタイプのものを選びましょう。チークはホワイトを基調としたパステルカラーがおすすめです。チークを頬のへこみで陰になっている部分へ塗ります。このとき、チークを横に広げるようにして塗り込むことがポイントです。リップは自然で健康的な色を選びましょう。ファンデーション、リップ共にパール系は避けた方が良いです。


頬のへこみ・頬のくぼみ・頬のこけへの対処法まとめ

原因は様々考えられますが、先天的なものもあれば後天的なものである可能性もあります。いずれにせよ、改善する方法は複数存在するので落ち込まずに実践してみましょう。ストレスが増えないよう環境を整え、表情筋のトレーニングを続けて、メイクの工夫にも取り組んでみましょう。