横顔をキレイに見せたい!Eラインを整える4つの方法 | 綺麗.club

横顔をキレイに見せたい!Eラインを整える4つの方法

正面から見た顔の美しさも大切ですが、実は横顔も多くの人に見られています。横顔の美しさの基準としてEラインと呼ばれるものが存在します。美容で見逃したくないEラインについて詳しくご紹介しましょう。

横顔の美しさを決めるEラインとは

どんなに正面の顔が整っていても、横顔が美しくなければがっかりされてしまうこともあります。正面だけでなく横顔も美人でありたいと思うのであればEラインを意識した美容法に取り組んでみましょう。Eラインとは歯科医が提唱した美容基準のひとつであり、鼻先と顎先までのラインを指します。EラインのEとは、エステティックの略称です。唇がEラインから飛び出しているか引っ込みすぎていないかで美しさを判別します。

Eラインを整えるメリット

Eラインを整えることによって横顔からの見た目も変えることが出来ます。過去に、芸能人の上戸彩さんがEラインビューティフル大賞を受賞しました。Eラインを整えることによって、正面から見た美しさだけでなく横顔から見た美しさをアピールすることが可能となります。目を大きくすることや鼻を高くすること、唇を分厚くすることだけが美しさの要素ではないのです。

横顔の美しさも人に判断されている

横顔は自分でチェックする人が少なく、見落としがちな部分でもあります。しかし、周りの人は逆に正面よりも横顔をよく見ている傾向にあります。横顔の美しさが真の美人であると言っても過言ではありません。正面をどんなに整えても横顔が整っていないと美人だとは認められません。本物の美しさを手に入れたいのであればEラインを整えることが一番の近道です。

理想的なEラインとは

Eラインは自分自身でチェックすることも可能です。鏡や携帯のカメラを使って横顔をチェックします。その時、ペンなど真っすぐに伸びたものを使って鼻先と顎先にくっつけます。このとき、くちびるがペンに当たるもしくはくちびるとペンに隙間があり過ぎる時はEラインの修正が必要です。理想的なEラインとは、くちびるがペンにギリギリつかない程度になっている状態のことです。

Eラインを整える美容法

生まれつきEラインが整っている人もいますが、顔は成長と共に変化します。良くない習慣が綺麗なEラインを遠ざけている可能性もあります。尚、後からでもEラインを修正することは出来ます。美しいEラインを目指して様々な工夫を取り入れてみましょう。

<顎を整えることが大切>
食べ物が柔らかくなって噛む回数が減っているため、人の顎は年々筋力が衰えていると言われています。横顔の美しさを保つには顎の美しさも重要な要素となります。Eラインを意識しつつ、二重アゴなど顎の美容にも気をつけましょう。顎を鍛える方法はたくさんあります。ひとつは、口周りを運動させることです。「あいうえお」と口を大きく開いて顎を動かします。次に、「あいうえお」の口の動きをしながら、各々5秒ずつキープさせます。二重アゴは肥満だけが原因ではありません。痩せている人でも顔の筋肉が衰えることによって二重アゴが生まれます。歯茎に沿って舌をグルグルと左右に回す方法もおすすめです。とにかく顔の筋肉を動かすことを意識しましょう。

<リンパの流れも同時に整えること>
顔や首回りのリンパの流れが悪くなっていると老廃物が溜まりやすくなり、顔のむくみの原因となります。顔全体の中心部分から耳もとへとマッサージをして、耳の下から首の下へとリンパを流しましょう。リンパの詰まりは二重アゴを誘発することもあります。入浴をしながらマッサージ、洗顔をする時にリンパを意識してマッサージを行っていきましょう。また、顔だけでなく全身のリンパの流れを良くすることもおすすめします。

<体だけでなく顔のヨガも>
岩盤ヨガなど全身を使ったヨガに取り組んでいる女性も増えつつありますが、顔のヨガも忘れてはいけません。顔をグーッと天井に向けて、鼻先を触ることを意識して舌を伸ばします。このとき、舌が鼻先に届かなくても問題ありません。ただ、鼻先につけるくらいの気持ちで舌を伸ばしてください。痛くない程度に5秒ほどキープしたら舌を口の中に戻してニッコリと笑います。そして、そのままゆっくりと顔を下ろし正面を向いてください。これを3セットほど行うと良いでしょう。非日常的な運動なのでクラクラすることがあります。くれぐれもゆっくりと行ってください。背もたれのある椅子の上など座った状態で行った方が安全です。

<噛む時の工夫>
顎や顔周りのトレーニングやマッサージも大切ですが、日常の中で一番多いのは噛む動作です。右側ばかりで噛んでいるのであれば左右両方で平等に噛むよう意識しましょう。柔らかい物ばかりを食べるのではなく、スルメやおせんべいなどの硬い物をゆっくりしっかりと噛んで食べる習慣も取り入れましょう。噛む回数を増やすことで満腹中枢へ刺激を与えて、結果的にダイエットになる人もいます。デンプンが増えて食べ物のおいしさが増すこともあります。さらに、脳にも良い影響を与えるので、ストレス発散にもなり、うつ病の予防などにも繋がります。噛むことはとても大切なことなのです。一口に30回は噛んだ方が良いと言われています。

横顔のEラインを整える方法まとめ

横顔は正面よりも見られる機会が多いと言われています。横顔の美しさの判断基準はEラインにあります。Eラインを整えることも大切ですが、同時に二重アゴなど顎の美容にも気をつけなければなりません。理想的なEラインを手に入れるためにも、アゴや口、顔周りのトレーニングとリンパマッサージを取り入れましょう。身体全体のリンパの流れやマッサージなどヨガも大切な運動です。中でも顔のヨガは見逃しがちなので注意です。そして何よりも噛む習慣が最も重要であると言えます。顎を鍛えておくことで、顔の正面だけでなく横顔の美しさのレベルもアップさせることが出来ます。どれも簡単に行える方法なので日々の日常に取り入れて意識していきましょう。