透明感のある綺麗な白目を作り出す2つの方法 | 綺麗.club

透明感のある綺麗な白目を作り出す2つの方法

「芸能人は歯が命」と歯のホワイトニングが一時期注目を集めていましたが、歯と同じくらい白さが大切なのが「目の白い部分」です。充血した白目や黄色く濁った白目、くすんだ白目で見つめると時には相手に不快感を与えてしまいます。健康においての重要なサインも知らせてくれる役割も持っている「白目」。では、透明感のある綺麗な白目を作り出すにはどのようにすべきなのでしょうか?

白目が与える重要な印象

白い肌の人も、やや黒味のある肌の人でも、どのような肌色の人でも白目の白さは美しさを表す大切なポイントです。肌や髪の毛がどんなに綺麗でも、顔がどんなに整っていても、白目が汚れていると大きく印象は変わります。例えば、目が充血している、くすんでいる場合は老けて見られ、疲労感を抱えている印象を与えます。目が充血しただけでも5歳も老けて見られるとの結果も出ています。白目が綺麗な白色だと明るく健康的に見えます。つまり、白目がキレイなだけで良い印象が与えられるのです。白目がうるおいと透明感を持っていて白くキラキラと輝いている状態が最も理想的でもあります。目と目は見つめ合う、顔の中でもとても重要なパーツです。本当の美しさを手に入れたいのであれば、白目の美しさにもこだわってみましょう。

白目の濁り・充血の原因

白目の濁りや充血の原因として考えられるのは、先ずは目を酷使し過ぎている環境です。携帯電話やインターネットが普及し、昔よりも目はより多くの光を浴びるようになりました。何かをじっと見ている時、人の目は無意識に開いたままとなり、瞬きの回数も減ってしまいます。よって、目が乾燥して粘膜が弱くなりダメージを受けやすくなってしまいます。白目に傷をつけるのと同じことなので、くれぐれも長時間の閲覧は避けるようにしましょう。どうしても見なければならない時は適宜休憩を入れることを心がけ、ブルーライトを遮断するメガネを使用するなど目の保護に気をつけましょう。また、暴飲暴食や不規則な生活が白目を汚す原因にもなります。お酒の飲みすぎによって肝臓に負荷がかかると白目が黄色く濁ってきます。お酒だけでなく、脂っこい食事や偏った食事も良くありません。白目に違和感が出て来たら速やかに改善しましょう。次に重要なのが紫外線による影響です。モデルの人がサングラスをしているのは単なるオシャレや素顔を隠すためだけではありません。実は、紫外線を予防するためでもあります。それも、肌だけではなく目も一緒になのです。紫外線を強く浴びた白目は結膜充血、紫外線角膜炎など様々な病気を引き起こしてしまう可能性があるからです。一度ダメージを受けた目は回復に時間がかかります。酷い場合だと治すことが困難となってしまうケースもあります。

食べ物で白目を美しくする方法

健康的な白目を手に入れるためにも、日頃の食べ物に注目してみましょう。近頃では「ブルーベリーが目に良いと言うのは嘘だ!」と述べる人もいますが、ブルーベリーだけを食べていても意味がないということであり、全くの嘘ではありません。ブルーベリーに含まれているアントシアンと他の食べ物に含まれているビタミンA組み合わせることが望ましいと言われています。料理を食べる時に野菜や果物を組み合わせて摂取し、デザートにブルーベリーが含まれているものを食べるでも良いです。グリーンスムージーの中にブルーベリーを含ませるのも良いでしょう。また、栄養が多いことで有名なホウレンソウも白目を守ってくれる働きがあります。タマゴやケール、ブロッコリーやグレープフルーツもおすすめです。

白目をキレイに見せるメイク方法

メイクによって白目を美しく見せる方法もあります。ひとつは、アイライナーをしっかりと瞼に引くことで白目を強調させる方法です。瞼の上部・下部にアイライナーを入れ、目じりにも引いておきます。目の周辺を黒や紺色で囲むことで白目を引き出します。アイシャドウは白やオレンジ色にすることで白目をより美しく見せることが出来ます。肌の美白を好む人も多くいますが、健康的な肌色が白目をより強調させてくれます。白目の美しさを求めることはもちろんのこと、日頃から肌の血色にも気をつけておきましょう。

気になる症状があれば病院でチェックを

上記の方法を試しても目の充血が改善しない、目のくすみや黄ばみがなかなか治らない場合は何らかの病気である可能性もあるため病院でチェックしてもらいましょう。薬局に行けば目薬も売っていますが、病気だった場合に一番良くないのは放置したままにしてしまうことです。悪化させてしまう前に医師に確認してもらい、適切な治療やアドバイスを受けましょう。ちなみに、白目が青っぽい人もいますが、それは若さの象徴でもあります。実は赤ちゃんなど低年齢の時は白目が青っぽくなります。白目が青っぽいのは病気ではないので大丈夫ですが、心配な場合は医師に診てもらいましょう。白目の色は内臓の病気など様々な症状のひとつとして表れることもあります。お肌のケアや肌ケアも大切ですが、美容と健康のためにも白目のチェックをしておくことをおすすめします。

美しい白目にする方法まとめ

白目の白さは健康を示す色だとも言えます。白目の濁り・充血・黄ばみは何らかの病気のサインとして表れることもあるからです。しかし、生活習慣を改善することで白目を取り戻し改善させることも出来ます。白目を強調させたい場合はメイクの工夫も大切です。メイクだけに頼らず、バランスの良い食事にも気をつけましょう。目の疲れをとる方法として、ほんのり温かい蒸しタオルを瞼の上に置く方法もおすすめです。目の疲れは時に肩こりや頭痛、めまいなど様々な症状を招いてしまうこともあります。健康との結びつきが強いからこそ、しっかりとチェックしておきたい部分でもあります。また、綺麗な白目は人に好印象を与えます。髪の毛、肌、歯の色と同じように白目にも美しさを出していきましょう。