正しいリップクリームの選び方など唇美人を目指すための5つの方法 | 綺麗.club

正しいリップクリームの選び方など唇美人を目指すための5つの方法

「唇の乾燥がなかなか改善しない…」とお悩みの方へ、もしかしたら普段使っているリップクリームの塗り方や選び方が間違っているかもしれません。男性からの注目も多い「唇」のケアは充分に出来ていますか?唇美人になるためにも、リップクリームの正しい知識とくちびるのケア方法を覚えておきましょう。

唇が荒れる理由と原因

好きな人の前でにっこり笑った途端に唇にひびが入って出血なんてことがあったら最悪です。唇は皮膚の中でも薄く、傷つきやすいパーツでもあります。肌のように皮脂腺もないので保湿にも劣ります。日頃から丁寧なケアが必要であり、しっかりと保護してあげなければなりません。唇の状態は体調の影響も大きく、栄養不足の時にも荒れやすいです。先ずは規則正しい生活など健康を維持することが重要です。食事の栄養バランスにも気をつけましょう。また、リップクリームを塗っているのにも関わらず乾燥や荒れが改善しない場合は、リップクリームそのものが体質に合っていないのかもしれません。自分に合ったリップクリームを選び出し、正しく使って唇のケアをしていきましょう。

リップクリームの正しい使い方

多くの人がやりがちな行為ですが、リップクリームのキャップを外して速やかに塗るのは実は間違いです。リップクリームも季節によっては固まってしまうことがあります。リップクリームの先端をしっかりと唇に当ててある程度温めてから塗ることがポイントです。そうすることで唇の皮膚への摩擦を防止できます。また、唇は縦の構造で出来ています。なので、上下にリップクリームを動かして塗ることが望ましいです。尚、唇は敏感な部分でもあるのでくれぐれもリップクリームの塗り過ぎには注意しましょう。多くても1日5回までにしておいた方が良いです。それでも唇の渇きが気になる場合は食事や体調管理など他の部分でケアしていくようにしましょう。

唇の荒れにおすすめのリップクリーム

荒れた唇にとりあえずリップクリームを塗っておくというのは間違ったケア方法です。リップクリームには薬用のリップクリームと医薬品のリップクリームとがあります。値段が安いものは主に薬用のリップクリームです。唇の荒れに悩んでいる場合は医薬品のリップクリームを選ぶことをおすすめします。唇の炎症が酷く痛みでリップクリームが塗れない、2~3日しても改善しない場合は感染症などの可能性もあるので放置せずに病院で診てもらいましょう。ちなみに、唇が荒れているわけではないのであれば保湿ケアのための薬用リップクリームで充分です。

唇美人を手に入れる食事

唇の荒れ・乾燥などはビタミン不足が原因で起こることもあります。特に、ビタミンB2が重要な栄養素となります。ビタミンB2はほうれん草やブロッコリーにも含まれており、卵や納豆、ウナギやレバーにも多く含まれています。スープやお鍋にほうれん草やブロッコリーを入れてみること、納豆や卵を日常的に摂取するよう心がけましょう。レバーとほうれん草を一緒に炒めて食べる方法もおすすめです。偏ることなく、食事はバランスよく摂取すべきです。また、しっかりと体に吸収させるためにも睡眠不足は避けて規則正しい生活を心がけ、適度な運動も取り入れましょう。

唇美人になるための美容法

自宅で簡単に出来る唇パックもあります。オリーブオイルとハチミツを唇に縦に塗り付け、ラップをして10分ほどパックします。ワセリンを持っている人はワセリンも混ぜて行うとさらにしっとりさせることが出来るでしょう。尚、オリーブオイルもしくはハチミツのどちらか片方でも構いません。どちらも苦手な場合はラップでパックするだけでも良いです。また、市販の唇パックを試してみるのも良いです。ただし、パックは多くても週に1~2回までにしておくことをおすすめします。

リップクリームの選び方

リップクリームの選び方にもポイントがあります。唇の荒れが良くなって乾燥が気になる程度であれば薬用のリップクリームで構いません。ただし、薬用のリップクリームにも様々な種類があります。先ずはホホバオイルが含まれているリップクリームを選んでみるのもひとつの手です。天然のエッセンシャルオイルとも言われているホホバオイルは抗炎作用や保湿に優れています。ビタミンが配合されているリップクリームもおすすめです。出来るだけ自然素材を使ったリップクリームを選ぶことが望ましいです。ちなみに、ひまし油が使用されているリップクリームは人によっては肌に合わず逆に荒れてしまうこともあるので注意が必要です。

唇美人の大きなメリット

ふんわりとした健康的な唇は様々な魅力を引き出してくれます。荒れていない綺麗な唇に思わずうっとりしてしまう人もいることでしょう。綺麗な唇を保つことでお化粧のノリも変わります。ガサガサした唇だと口紅を塗った時にムラが出来てしまいます。スムーズに口紅を塗るためにもなめらかな唇を作り出しておく必要があります。唇は男女共に人間がよく注目する部位でもあります。どんなに美人でも唇が荒れているとガッカリされてしまうことも。自分をアピールする部分のひとつとして唇もしっかりとケアしていきたいものです。

唇美人を目指すための方法まとめ

唇が荒れてしまう原因はリップクリーム本体や健康管理、生活環境などが挙げられます。特にビタミンB2不足には注意が必要です。保湿のためであれば薬用リップクリームを、唇の荒れを改善したいのであれば医薬品のリップクリームを使用することをおすすめします。また、リップクリームを塗る時は縦に塗り付けることが大切です。薬用リップクリームを使う時は含まれている成分をきちんとチェックしておきましょう。購入の際にはなるべく無添加のリップクリームを選ぶことをおすすめします。唇をケアする方法として唇パックなど様々な美容法も存在します。市販の唇パックを使用するでも良いですし、自宅で出来る簡単な美容法もあります。自分に合ったケア方法を見つけて唇美人を目指しましょう。