メディキュットのストッキング、色は黒の他にある?伝線する? | 綺麗.club

メディキュットのストッキング、色は黒の他にある?伝線する?

メディキュットのストッキングにはどのようなカラーがあるのでしょうか?色は黒の他にある?
また、伝線しやすい作りなのでしょうか?
実際にメディキュットのストッキングとレギンスを購入してチェックしてみました!

メディキュット

メディキュットのストッキングはどんな感じ?

今回はメディキュットの「着圧ストッキング(ライトベージュ)」を購入してみました。着圧の黄金比率によってトータルで約5cmも引き締めてくれるそうです。見た目は普通のストッキングと変わりないのですが、しっかりと弾力があって生地も丈夫な印象です。透け感は一般的なストッキングとあまり変わりませんが、肌がなめらかで美しく見えます。本体にはロゴや独特のラインもないので、見た目ではメディキュット商品だとは気づかれません。

メディキュットのサポート機能により、ふくらはぎがほっそりとした見た目に変わりました。太もも部分もしっかりと引き締めてくれるのでミニスカートやショートパンツを着たい方にも役立つことでしょう。ベージュ色のストッキングであれば外出時や仕事中でも着用ができるので便利です♪

メディキュットのカラータイプ

レギンスやタイツの場合は黒もありますが、ストッキングの場合はライトベージュヌーディーベージュナチュラルブラウンとベージュカラーだけでも豊富な品揃えとなっています。ちなみに、スーパークールタイプの色はライトブルーで、寝ながら着用タイプはピンクやラベンダーカラーなど、他にも機能によって異なる様々なカラータイプが取り揃えてあります。

私は一番明るいライトベージュを選んだので、もっと白っぽくなるのかなと思っていたのですが、加圧式による収縮のためかやや色濃く感じました。ファンデーションで例えると、ライトベージュで中間的なベージュ色の印象です。編み目は細かく、くすみや小さなアザをカバーしてくれたので助かりました。

夏の夜はスーパークールタイプ、冬の夜はあったかタイプ、外出時はベージュのストッキングなど、状況に合わせてメディキュットを使い分けてみるのも良いでしょう。メディキュット商品はレギンスタイプやスパッツタイプなど形も豊富です。

メディキュットは伝線する?

絶対に伝線しないストッキングはなかなかありませんが、メディキュットストッキングは伝線しにくいノンラン加工が施されています。また、抗菌・防臭加工もあり、着圧ストッキングであるにも関わらずのびのびと履きやすいストレッチタイプとなっています。人体工学に基づいてデザインされており、素肌に近い自然なカラーです。

丈夫な設計とはいえ、着用時は貴金属を外してゆっくりと引き上げましょう。長い爪や尖ったものに当たらないよう注意も必要です。着用の際はつま先からシワを伸ばしつつ身につけることをおすすめします。また、メディキュットストッキングの場合はヒップラインも合わせてしっかりと腰まで着用してください。

ストッキングのサイズと選び方

メディキュットのストッキングはM~LL、L~LLの2タイプに分かれています。
サイズの目安は下記の通りです。

<M~Lサイズ>
身長150~160cm
太もも43~49cm
ふくらはぎ30~38cm
足首19~23cm
足22~24cm

<L~LLサイズ>
身長155~165cm
太もも47~53cm
ふくらはぎ34~42cm
足首21~25cm
足23~25cm

脚の太さが不明な場合は、普段着ている衣類のサイズを参考に選んでみても構いません。いつも着ている服がS~Mサイズの方は「M~L」サイズを、L~LLサイズの方は「L~LL」タイプを試してみましょう。

私はM~Lサイズを選びましたが、スーパークールタイプ(就寝時用のスパッツ)の時よりも履き始めはかなりきつめに感じました。段々と慣れてきて、使い続ける内に伸びてくる場合もあるようですが、異常な締め付けを感じるなど冷や冷やする場合は無理をせずにL~LLサイズを買い直しましょう。

カラータイプによる値段の違いは?

メディキュット商品の中でも「日中用であるストッキングタイプ」と「就寝用のスパッツタイプ」では値段が異なります。肌色のストッキングタイプの方がよりお手頃な値段です。就寝用タイプの相場は1300円~3000円前後ですが、ストッキングタイプの相場は800円~1000円前後です。細かい値段はそれぞれの機能によって異なります。

メディキュット『ストッキング』のまとめ

メディキュットのストッキングには黒以外にもベージュカラーがあり、ベージュだけでも複数のカラーが存在します。値段は一般的なストッキングと大きく変わりません。丈夫さや機能を考えると場合によってはメディキュットストッキングの方がお得かもしれません。職場や学校など外出時に着圧ストッキングを試したいのであれば、メディキュットのストッキングタイプを選んでみてはいかがでしょうか?